僕とサッカー~中学時代~

久しぶりに前回の続きを書きます。今回は中学のころについてです。今回も長くなると思いますが、よろしくお願いします。

 

 

~中1~

 

 

中学生になり、サッカー部に入った。入る前は、うまくいくんじゃないかなと思っていたけど、その希望はすぐに打ち砕かれた。最初の方はまあまあうまくいったものの、途中からは全然うまくいかなくなった。試合で全く使ってもらえず、三年生が引退してからも、ベンチに入れない日々が続いた。秋に行われた一年生大会でも、ずっとピッチに立てず、ベンチを暖め続けた。ようやく出れた試合は、もう敗退が決まってからの消化試合。本来のポジションではない、ボランチでの出場だった。

 

 

全力を出しきれて、うまくいかなかったのなら、逆に吹っ切れて、気持ち良くプレーすることができたかもしれない。でも僕は自分がしたいプレーを全然できずにいた。だから全然サッカーを楽しむことができなかった。

 

自分がやりたいプレーをできなかったのは、自分の力の無さを実感したくなかったからだ。取られる自分の姿を見られて、みんなに下手だと思われたくない。このダサい考えが僕のチャレンジの邪魔をした。失敗を恐れて何もできないことほどダサいことはない。そしてこの考えが中学3年間、ずっと僕の足を引っ張り続けた。

 

 

~中2~

 

中2になり、プロになりたい気持ちが、より強くなった。朝も、昼休みも、練習の後も、オフの日も、毎日ボールを蹴った。でもそれが実を結ぶことはほとんどなかった。

 

あの頃はとりあえずボールを蹴ればうまくなるんだと思っていた。別に好きだからやっていたという訳ではなく、うまくなるためだと、『努力』しようと思ってボールを蹴っていた。

 

でも、努力だと思っているうちは、それが実を結ぶことはほとんどない。自分で決めてやっていることだけど、それは主体的にやれているわけじゃない。wantの思いが僕を動かしているわけじゃなく、mustの重いが僕を無理矢理、動かしていた。でも、これをやればうまくなるんだろうと自分に鞭打ち、ボールを蹴った。でもそこに楽しさはない。だから本当の意味で夢中になり、練習に没頭できたことは少なかった。

 

 


どんな世界でもトップに上り詰めることができるのは、自分がやっていることを心から愛することができて、それに夢中になれるやつだと思う。そうじゃないと斬新な発想は生まれないし、遊び心もなくなる。楽しくなくなるから続けることもできなくなる。サッカーは誰かに強制されてやるもんじゃない。そして、自分で自分に強制してやるものでもない。何の打算もなく、ただ純粋に、その瞬間ボールが蹴りたい。そういう心の底から溢れ出す思いが常にきっかけであるものだと思う。

 

 

f:id:yoheifootball:20171227165933j:image



f:id:yoheifootball:20171227170055j:image
f:id:yoheifootball:20171227170057j:image

 

 

 

 

~中3~

 

自分達が最高学年となり、出場機会が少しずつ増えてきた。センターフォワードサイドハーフとして僕は試合に出ることができるようになった。だがいつも、求められるプレーとやりたいプレーの狭間で悩みながらプレーしていた。

 

僕が理想としていた選手は、メッシであり、ネイマールだった。ずっとあんな風にドリブルがしたいと思ってサッカーをしていた。でも僕に求められていたのはもっとダイレクトで叩くプレーだったり、シンプルなプレーだった。求められるプレーをすれば一定の評価を得られたけど、心の底から楽しむことはできなかった。そして僕には強引に自分がやりたいプレーを押し通せるような意思の強さも、実力も、備わっていなかった。だから常に苦しさの中プレーしていた。

 

試合に出たいけど、出たくない。ずっとそんな気持ちだった。試合に出ることで自分の承認欲求を満たしたいけど、いざ出てみると、ミスが怖い、チームメイトや監督からの叱責が怖い。サッカーを楽しむことができなかった。

 

そして最後の大会を迎えた。僕はベンチには入ったものの、1秒も出場時間はなかった。チームは過去最高の成績を出したが、僕は全く喜ぶことができなかった。こうして僕の中学でのサッカーは終わった。

 

 

 

次も、これの続きを書こうと思います