僕とサッカー ~小学生時代~

  今日から、サッカーについて書いてみようと思います。僕にとってサッカーとはずっと、軸になってきたものです。でも、今になって少しその軸がぶれてきているような気がするので、ここで僕とサッカーの関係を振り返り、そしてこれからどうしていくのか、サッカーの魅力とはなんなのか…。とにかくサッカーについて書こうと思います。

長くなると思いますが、是非お付き合い下さい。

 
f:id:yoheifootball:20171018172407j:image

 

1:僕とサッカーの出会い

 

 僕がサッカーに興味を持ち始めたのは、小学校4年生の終わりごろ。小4の始め頃から、通っていた小学校で、週に一回、一時間ちょっとくらいしかやらないような軽い部活でサッカーはしていたが、その時はなんとなく入ってみただけで、全然楽しくなかった。だからボールを蹴るのって楽しいな!って思えたのはこの時が初めてだった。

それは、家の近くの小さな公園で、PK戦をした時。僕はトーキックしか蹴れなかったし、コースを狙うような技術もなかったけど、なぜかおもしろいようにゴールを決めることができた。

 

その時から少しずつ、僕は、一人でボールを蹴るようになった。家の前の道でドリブルしたり、壁にボールを蹴ったりした。その頃には、楽しくなかった部活も、少しずつ楽しくなっていった。始めたころには、ゲーム中ボールが来ても、焦って適当に蹴ることしかできなかったのが、少しずつ自分でボールを持てるようになり、小学校6年生になるころには、ドリブルからゴールを決めることも、できるようになっていた。

 

そしてこの頃から、僕は漠然と、プロサッカー選手になりたい、と思うようになった。

 

 

2:本格的にサッカーを始める 

 

 小6の夏頃、友達が入っていたチームに入ることにした。部活はずっとやっていて、そこからも続けたけど、部活の短い練習時間だけでは物足りなくなった。だから少年サッカークラブに入り、本格的にサッカーを始めた。

 

そこではみんな優しく接してくれたけど、あまり活躍できず、小学校の部活のようにはいかなかった。みんな自分より長くサッカーをやっていて、やっぱりうまかった。

そこからは、僕が受験することもあって、あまり練習にいけず、最後の大きな大会も僕は一度も出れずに終わった。

受験と大会が終わってからも、試合はあって、そこでは少しいいプレーをすることができた。初めてゴールを決めることも出来たし、ドリブルとパスも、以前よりうまく行くようになった。

そして、小学校でのサッカーは終わりを告げた。前よりもサッカーが楽しくなり、もっともっと上手くなりたいと思った。そして、プロになりたい気持ちも大きくなっていた。

 

 

~小学生時代を振り返って~

 

 部活ではチームの中心、クラブチームでは、チームで一番下手。そんな感じだった。だから正直、部活でのサッカーはすごく楽しかった。でもクラブでは、あんまり楽しめなかった。当たり前のことだけど、やっぱり自分が中心で自由にやれたら楽しい。そうじゃなかったら本気で楽しめない。ネイマールが今年、バルサからPSGに移籍したのもそういう理由だったんじゃないかなーと思う。

 

中心だったら楽しめるのはいうまでもない、当たり前。自由に思い通りにプレーできるし、自尊心や、承認欲求も満たされる。じゃあ自分がチームの中心じゃなかったらどうしたら楽しめるのか?チーム内でのヒエラルキーが低い時はどうしたらいいのか?まず前提として言い訳はしないこと。僕はクラブでやるとき、うまくいかなくても、「自分はみんなより始めたのが遅いしな…」と思い、逃げていた。自分と向き合わなかった。そんな風に思っていてもなにも始まらない。仕方ない、しょうがないは必要ない。そこからはなにも生まれない。必要なのは自分と向き合うことだ。

 

そしてここからが本題だ。練習してうまくなれたらいいけど、ふつうに練習して、ふつうにコーチの言うことを聞いて、周りのやつらを越えていくのは難しい。チーム内での序列が下だということは、試合に出る機会が少ないということ。うまいやつらはみんな多く試合に出て、成長していく。うまいやつは自由にやっても結果がついてくるから、自分でやりたいことをどんどんやれる。

 

でも上手くないやつはそうじゃない。まず試合経験が少ない。それに、やりたいことをやってもミスすることがよくある。自由にやって結果が出ないとなると、指導者はああしろ、こうしろと言ってきて、自分のプレーを否定する。そして選手は、言われたことをただこなしていくようになる。忠実に言うことを聞き、実行する。それなら、そう、とがめられることはないからだ。もしかしたらそれで、出場機会が増えるかもしれない。でも、これじゃ突き抜けるのは難しい。本当にそれで楽しいのか?

 

ここからは個人の意見だと思って読んでほしい。指導者の言うことを聞くことはもちろん必要なことだ。でも聞くことと、鵜呑みにすることは違う。自分がどういう選手になりたいか、どうしたいか、もっと言えばどうなれば幸せかをしっかりと考えた上で、その指導を取り入れるか、それとも、取り入れないかを判断すべきだ。「造られた」選手には僕はなりたくない。自分自身で「創り上げた」選手になりたい。それが一番楽しいと思うから。サッカーは歓喜を味わうためにある。楽しくないぐらいなら、ボールを触るのが苦になるくらいならやめてしまった方がいい。

 

多分、サッカーがあんまり楽しくないときっていうのは、チームメイトやコーチにプレーを否定されたり、矯正されたりして、自信を失い、受動的になってしまっていているときだ。そしてチーム内で序列が低いと、うまくないとそうなりがちだ。

 

だから、どんな状況でも自分の声に耳を傾けることだと思う。自分はどうしたいか、自分の内側からわき出る感情でプレーをすることが必要だ。誰かのためにプレーするより、まずは自分のためにプレーすること。(仲間へのリスペクトは絶対必要。自分の自由を実現すると同時に、まわりの自由も認めることが大切。)それで、もしうまくいかなくても、何かしらの圧倒的な感情が残ると思う。そこからまた練習して、うまくなればいい。もっとサッカーが楽しめるようになれればいい。少なくとも後悔はしないはずだ。

 

試合に出られるか、出られないかは相対的なものだ。周りと比べて自分がどうなのか。サッカーがチームスポーツである以上、そこの比較からは逃げられない。でも忘れないでほしいのは、自分の感情は絶対的なものだということだ。楽しい、悔しい、嬉しい、悲しい。楽しいから、好きだから、試合に出たいし、勝ちたいんだと思う。そこの感情が何より大切だ。自分の求める感情を大事にして、サッカーをやってほしい。その先に素晴らしいものが待っている。

 

 

僕もそうやってサッカーを楽しみ続けたい。

 


f:id:yoheifootball:20171018201209j:image

 

次は中学時代について書きます。だいぶ長くなりました。読んでくれた人はありがとうございました。これからもお願いします。