僕とサッカー ~小学生時代~

  今日から、サッカーについて書いてみようと思います。僕にとってサッカーとはずっと、軸になってきたものです。でも、今になって少しその軸がぶれてきているような気がするので、ここで僕とサッカーの関係を振り返り、そしてこれからどうしていくのか、サッカーの魅力とはなんなのか…。とにかくサッカーについて書こうと思います。

長くなると思いますが、是非お付き合い下さい。

 
f:id:yoheifootball:20171018172407j:image

 

1:僕とサッカーの出会い

 

 僕がサッカーに興味を持ち始めたのは、小学校4年生の終わりごろ。小4の始め頃から、通っていた小学校で、週に一回、一時間ちょっとくらいしかやらないような軽い部活でサッカーはしていたが、その時はなんとなく入ってみただけで、全然楽しくなかった。だからボールを蹴るのって楽しいな!って思えたのはこの時が初めてだった。

それは、家の近くの小さな公園で、PK戦をした時。僕はトーキックしか蹴れなかったし、コースを狙うような技術もなかったけど、なぜかおもしろいようにゴールを決めることができた。

 

その時から少しずつ、僕は、一人でボールを蹴るようになった。家の前の道でドリブルしたり、壁にボールを蹴ったりした。その頃には、楽しくなかった部活も、少しずつ楽しくなっていった。始めたころには、ゲーム中ボールが来ても、焦って適当に蹴ることしかできなかったのが、少しずつ自分でボールを持てるようになり、小学校6年生になるころには、ドリブルからゴールを決めることも、できるようになっていた。

 

そしてこの頃から、僕は漠然と、プロサッカー選手になりたい、と思うようになった。

 

 

2:本格的にサッカーを始める 

 

 小6の夏頃、友達が入っていたチームに入ることにした。部活はずっとやっていて、そこからも続けたけど、部活の短い練習時間だけでは物足りなくなった。だから少年サッカークラブに入り、本格的にサッカーを始めた。

 

そこではみんな優しく接してくれたけど、あまり活躍できず、小学校の部活のようにはいかなかった。みんな自分より長くサッカーをやっていて、やっぱりうまかった。

そこからは、僕が受験することもあって、あまり練習にいけず、最後の大きな大会も僕は一度も出れずに終わった。

受験と大会が終わってからも、試合はあって、そこでは少しいいプレーをすることができた。初めてゴールを決めることも出来たし、ドリブルとパスも、以前よりうまく行くようになった。

そして、小学校でのサッカーは終わりを告げた。前よりもサッカーが楽しくなり、もっともっと上手くなりたいと思った。そして、プロになりたい気持ちも大きくなっていた。

 

 

~小学生時代を振り返って~

 

 部活ではチームの中心、クラブチームでは、チームで一番下手。そんな感じだった。だから正直、部活でのサッカーはすごく楽しかった。でもクラブでは、あんまり楽しめなかった。当たり前のことだけど、やっぱり自分が中心で自由にやれたら楽しい。そうじゃなかったら本気で楽しめない。ネイマールが今年、バルサからPSGに移籍したのもそういう理由だったんじゃないかなーと思う。

 

中心だったら楽しめるのはいうまでもない、当たり前。自由に思い通りにプレーできるし、自尊心や、承認欲求も満たされる。じゃあ自分がチームの中心じゃなかったらどうしたら楽しめるのか?チーム内でのヒエラルキーが低い時はどうしたらいいのか?まず前提として言い訳はしないこと。僕はクラブでやるとき、うまくいかなくても、「自分はみんなより始めたのが遅いしな…」と思い、逃げていた。自分と向き合わなかった。そんな風に思っていてもなにも始まらない。仕方ない、しょうがないは必要ない。そこからはなにも生まれない。必要なのは自分と向き合うことだ。

 

そしてここからが本題だ。練習してうまくなれたらいいけど、ふつうに練習して、ふつうにコーチの言うことを聞いて、周りのやつらを越えていくのは難しい。チーム内での序列が下だということは、試合に出る機会が少ないということ。うまいやつらはみんな多く試合に出て、成長していく。うまいやつは自由にやっても結果がついてくるから、自分でやりたいことをどんどんやれる。

 

でも上手くないやつはそうじゃない。まず試合経験が少ない。それに、やりたいことをやってもミスすることがよくある。自由にやって結果が出ないとなると、指導者はああしろ、こうしろと言ってきて、自分のプレーを否定する。そして選手は、言われたことをただこなしていくようになる。忠実に言うことを聞き、実行する。それなら、そう、とがめられることはないからだ。もしかしたらそれで、出場機会が増えるかもしれない。でも、これじゃ突き抜けるのは難しい。本当にそれで楽しいのか?

 

ここからは個人の意見だと思って読んでほしい。指導者の言うことを聞くことはもちろん必要なことだ。でも聞くことと、鵜呑みにすることは違う。自分がどういう選手になりたいか、どうしたいか、もっと言えばどうなれば幸せかをしっかりと考えた上で、その指導を取り入れるか、それとも、取り入れないかを判断すべきだ。「造られた」選手には僕はなりたくない。自分自身で「創り上げた」選手になりたい。それが一番楽しいと思うから。サッカーは歓喜を味わうためにある。楽しくないぐらいなら、ボールを触るのが苦になるくらいならやめてしまった方がいい。

 

多分、サッカーがあんまり楽しくないときっていうのは、チームメイトやコーチにプレーを否定されたり、矯正されたりして、自信を失い、受動的になってしまっていているときだ。そしてチーム内で序列が低いと、うまくないとそうなりがちだ。

 

だから、どんな状況でも自分の声に耳を傾けることだと思う。自分はどうしたいか、自分の内側からわき出る感情でプレーをすることが必要だ。誰かのためにプレーするより、まずは自分のためにプレーすること。(仲間へのリスペクトは絶対必要。自分の自由を実現すると同時に、まわりの自由も認めることが大切。)それで、もしうまくいかなくても、何かしらの圧倒的な感情が残ると思う。そこからまた練習して、うまくなればいい。もっとサッカーが楽しめるようになれればいい。少なくとも後悔はしないはずだ。

 

試合に出られるか、出られないかは相対的なものだ。周りと比べて自分がどうなのか。サッカーがチームスポーツである以上、そこの比較からは逃げられない。でも忘れないでほしいのは、自分の感情は絶対的なものだということだ。楽しい、悔しい、嬉しい、悲しい。楽しいから、好きだから、試合に出たいし、勝ちたいんだと思う。そこの感情が何より大切だ。自分の求める感情を大事にして、サッカーをやってほしい。その先に素晴らしいものが待っている。

 

 

僕もそうやってサッカーを楽しみ続けたい。

 


f:id:yoheifootball:20171018201209j:image

 

次は中学時代について書きます。だいぶ長くなりました。読んでくれた人はありがとうございました。これからもお願いします。

 

 

 

 

 

 

Lionel Messi.

久しぶりにブログ書こうと思います。毎日書くとか言っておきながら情けないですけど笑

毎日書く!っていったのに無理がありました。やっぱり無理にじゃなくて自分が書きたいと思って書ける時に書くのが一番。だから毎日は無理だけど、何かあったらその都度アップしていこうと思います!

 

 

前置きはこれぐらいにして、今日なんでまた久しぶりに書こうと思ったかって…

 

 


f:id:yoheifootball:20171011195629j:image

メッシ!!!!!

この試合の結果でアルゼンチンがワールドカップに出られるかどうか決まるという大事なエクアドルとのアウェイ戦で見事ハットトリック!!!

 

  開始早々にエクアドルに先制され、暗雲が立ち込めるも、さすがは千両役者。前半12分、ディ・マリアとの連携からメッシが決め同点に追い付く。そして前半20分。またもディ・マリアのパスからメッシ!!!トラップが少し乱れ相手に奪われるも、瞬時に奪い返し、ゴールに叩き込み逆転!仕上げは後半17分。エクアドルに押し込まれている中、ドリブルで持ちこみループシュートハットトリックを達成!

 

これで順位はワールドカップ出場圏外の6位から3位に浮上!アルゼンチンのワールドカップ出場決定!!!!

 

本当にメッシはすごい!!!言葉で表現できない。こんな大一番でアルゼンチンをワールドカップに導くハットトリック!!特に一点目と二点目にはメッシの圧倒的な熱量が感じられた。二点目のボールを瞬時に奪い返した時の迫力は、目を見張るものがあった。メッシは衰えるどころかどんどん進化している。ドリブラー、ストライカー、チャンスメーカー、そんなものに当てはめられない。

 

 

 

サッカーの神。メッシは前人未到の領域にいる。生でマラドーナとかペレとかクライフを見たことはないけど、それでも多分メッシの方が上だと思う。何度もここぞというシーンで、チームを勝利に導いてきてる、リーガエスパニョーラでも、チャンピオンズリーグでも、代表戦でも、そしてクラシコでも。

 

 

 

僕もサッカーをやっていて、(今はフットサルをしてる。またこの事についても書きたいと思う。)メッシを超えたい!と2、3年前は思っていたけど、今はこう思う。メッシは越えられない。サッカーの楽しさと共に、難しさも前より分かるようになり、メッシのすごさも以前よりも分かるようなった。メッシは格が違う。メッシを越えるなんておこがましい。こんな風に書くのはちょっと、いや、かなり悔しいけど、でもそれほどまでにメッシはすごい。異次元だ。でも近づけるようになりたい。メッシを超えたいと言えるようになりたい。そんな自分もどこかにいる。

 

メッシを見ていると色々な感情が溢れ出してくる。サッカーがしたくなったり、あまりの凄さに感動したり、尊敬したり、そして少し嫉妬したり。メッシは僕にいつもサッカーの素晴らしさを教えてくれる。僕がサッカーを本格的に始めたのは、小学校6年生の時。その時からずっとメッシは、僕の憧れであり続けている。何度も、テレビで、YouTubeでメッシを見てきた。メッシの本を買って読んだ。ネットでメッシを調べた。そして、メッシの真似をして何度もボールを蹴った。あんな選手になりたいと思って。

 

 

メッシのプレーには、本当に何度も、何度も魅せられてきた。そしてこれからも魅せてほしいと思う。バルセロナで、アルゼンチン代表で。ずっと言い回されてきた言葉だけど、メッシを生で見られる喜びを、これからも噛み締めていきたいと思う。

 

 

Gracias, Leo!!

 

 

 

自然

自然は最高だなと思った。高くそびえる木々を見ていたら、なぜかすごく心が癒された。本当に何か心が温かくなるような、スッとするような感じで、すごく気持ちがよかった。

f:id:yoheifootball:20170930234435j:image

この森を見るまでは気持ちがだいぶ沈んでいたけど、見てからはすごく気持ちがよくなった。自分を自然が肯定してくれたような気がした。自分がなにをしたとしても、この木だけは自分を受け入れてくれるような。自然はいつも優しい。

 

 自然の壮大さに触れると、いい意味で自分の無力さを実感できるような気がする。自分が何をやったとしても、逆に何もできなかったとしても、そんなことは大したことないんだと、自然は教えてくれる。だからどうなってもいいじゃないか、何をやってもいいんだ!と思える。

 

不思議な表現になるけど、もしかしたら人間は自然と共にあるときだけ、「動物」になれるのかもしれない。

 

ブログって難しい…笑

これからもよろしくお願いします。

スタートを切る

今日から、毎日できるだけここに日記?を書いていこうと思う。最近すごく閉塞感っていうか、なんか息苦しさ?とかを感じる。うまく表現できないけど、ここに何か書くことで何かが見つかったり、何かが生まれる気がするから色々これから書いていく。毎日なにか書くのは難しいけど、表現力が上がったらいいなと思うし、ここに自分が思ってることを書くことで自分の頭の中を整理したい。なんか上部の言葉だけで全然思ってることかけてない、これじゃダサい。ここには自分の本音、本当に思ってることを書きたい。

 

ここに書いてるものは、世界中の人が見ることができるからちょっとこわいけど書いていこうと思う。怖いけど書こうとしてる理由は、多分、誰かに自分を見てほしいから。自分の思ってることを聞いてほしいから。自分を表現したいから。まだまだ拙いこんな文章をだれかが読んでくれるかは分からないけど…笑

まあ、とにかく書いていこうと思います!!みなさん、よろしくお願いします!!

『恐竜』リケルメ

ファン・ロマン・リケルメ

恐竜』と呼ばれた選手…


f:id:yoheifootball:20170718210843j:image

 今日、YouTubeリケルメを見て驚いた。

異常なまでのキープ力、正確無比のパス、エレガントな身のこなし、時おり見せる強烈なシュート。その中でも一際光ったのが異次元のキープ力。

リケルメのキープは他の選手と一線を画す。あのイニエスタも、メッシも、ジダンでさえも、キープ力ではリケルメに敵わない。体の使い方、ボールタッチ、身のこなし、どれをとっても超一級品だ。どれだけ屈強なDFが来ても全く恐れていない。力みがない。顔色一つ変えずに、飄々とボールを持つ。惚惚するようなボールタッチと体の入れ方でボールをキープする。放っておけば、いつまでもボールをとられないんじゃないかと思わされるくらいに。しかも、キープしているときも周りを把握できている。もう脱帽するしかない。

だからリケルメは、時間を操れる。

「早くパスを出せ!!」そう怒鳴る指導者をよく見かける。だが、それは本質をとらえていない。パスで重要なのは、タイミングだ。

リケルメは常にそのタイミングがいい。時間を操れるからだ。ダイレクトで、ツータッチで、キープしてから、最高のタイミングでパスを出す。早くパスを出せば早くゲームが進むわけじゃない。止まることによって、速さを増幅させられることを、リケルメは知っている。そして何よりすごいのは、普通ならもう持てない状況でもボールが持てるため、あり得ないタイミングで普通なら作り出せないチャンスを作り出すことができることだ。それがリケルメの天才たる所以だ。

 

 https://youtu.be/5V_8rP50ik0

 

そんな彼は、『恐竜』と呼ばれる。もう絶滅してしまったような、一般的に見て古い、時代錯誤のプレーヤーだからだ。リケルメは攻撃では時間を操り、魔法を使っているかのようなプレーをする。王様のようにプレーする。ほとんど走らないし、守備もしない。戦術に当てはめることができない。なぜなら彼自身が、戦術だからだ。リケルメを自由にプレーさせれば、眩いほどの輝きを放ち、チームを勝利に導く。だが、これはリケルメが好調の時に限ってだ。不調に陥ったり、怪我をしてしまえば、もうチームはうまく回らなくなってしまう。そういった危うさもリケルメは持っている。言ってみれば、リケルメはアーティストだ。次々にアイデアが浮かび、素晴らしい絵を描くときもあれば、全く何も浮かばず、何も産み出せないときもある。だから、効率的ではない。でもハマった時は異次元の光を放つ。それがリケルメという選手だ。こういっただれにも真似できない芸当ができるからこそ、恐竜は現代で生き延びることができたのだろう。

リケルメは完璧な選手ではない。でもエンガチェ(アルゼンチンではトップ下をエンガチェと呼ぶ)としては完璧だった。スピードはなく、ディフェンスもできなかったが、代わりに天才的な技巧、センス、創造力を得た。

監督に冷遇されたこともあったが、そういったことも全て含めて、リケルメの魅力なのだ。不完全だったからこそ引き立つ色気があった。

自分のプレーを貫き通した永遠の10番、『恐竜』リケルメ。たくさんの感動をありがとう。