『好き』の呪縛、何かを愛することができれば。

「好きなものはなんですか?」

 

「何が好きなの?」

 

「好きな食べ物は?」

 

「スポーツは?」

 

「映画は?」

 

「音楽は?」etc…

 

 

よく聞く言葉だ。色々な場面で聞かれるし、逆に誰かに聞いたこともあるだろう。だから、誰でも一度は自分の好きなものについて考えたことがあるのではないかと思う。

 

言うまでもないが、好きという感情は大切にした方が良いものだ。好きなものを食べていたり、好きな音楽をきいていたり、好きなものに関わっている瞬間は言うまでもなく楽しい。好きなことをしている時は時間を忘れて没頭できるし、いつまでもやっていたくなる。「好き」という感情は本当にかけがけのないものだ。

 

 

このようなピュアな「好き」は確かに素晴らしい。でも人は時に、「好き」を勘違いしてしまうことがあるような気がする。そして勘違いした「好き」は自身を苦しめる。

 

どういうことか?説明しようと思う。

 

今日、僕は本を読んでいた。たが、いまひとつ集中できない。あまり面白くない。読む気が出ない。でも、自分は本が「好き」だから読もうと思って、なんとか読んでいた。読んでいたら面白くなってくる、今は集中できていないだけだ。だからとにかく読み進めよう、こう思っていた。

が、結果的に面白くはならなかった。そして結局、読むのをやめた。

なぜこうなったのかというと、答えはシンプル。別に読みたくなかったからだ。でも僕は自分は本が読みたいはずだ。と思い込もうとしていた。自分は読書が好きだ、と。

多分、以前の僕は本当に読書が好きだったのだと思う。だがいつの間にかさして好きではなくなっていた。でも、僕は本を読むことは好きでなくなっても、「本を読んでいる自分」は好きだった。

 

これは似てるようで全然違う。僕は純粋に本が読みたいわけではなく、本を読んでいる自分に酔いたいだけだったのだ。これでは何も残らない。何も楽しくないし、ワクワクできない。

 

これは他のことにも当てはまる。好きなはずなことができなくなったときは、好きの対象が「そのもの自体」から「それをやっている自分」に変わった時だと思う。

 

感情はずっとそのままなわけじゃない。感情はアップデートされていく。ずっとその瞬間の感情にしがみついているのは違う。好きだったものが好きじゃなくなる。好きの対象が変わる。好きの度合いが変わる。それは何も悪いことではない。仕方がないことだ。

 

でも、潜在的に好きという感情、愛情は持っていたいと思っているのだと思う。何かを、常に愛したいと、そう願っているのだと思う。何か、どこか、誰か、自分の拠り所が欲しい。だから何かを愛したい。自分にはこれがある。そう思える何かを渇望しているのではないかなと思う。だから感情がアップデートされ、好きではなくなっても好きだと思い込みたいのだろう。何かを愛せている自分でいたいのだ。

 

 

自分の全てを注げる存在。自分の奥の方にある、持て余してるものをぶつけられる存在が欲しい。

 

 

 

 


f:id:yoheifootball:20180625170313j:image

 

美しい、嘘のマント

寂しい。なんかすごい寂しい。最近、ここが完全にため息の漏らし場みたいになってる。まあでもそれでいいのかもしれない。ここで嘘ついても仕方ない。あったことを洗いざらい全部吐き出した方がいい。でも嘘もつきたい。美しい嘘を。誰でもみんな自分に嘘を、世界に嘘をつきながら生きてるんだと思う。それなら出来るだけ美しい嘘をついていたい。つかれていたい。そうやって日々生きていきたい。そうじゃないとやっていけない。

 

 

孤独か悪い訳じゃない。多数の中に埋もれるのが悪い訳でもない。ただその事象があるだけ。大事なのは自分がどうしたいか。自分に正直に従っていればいつか活路は開ける。そう信じたい。

 

 

常にリラックスしていたい。肩の力を抜いていたい。何があっても柔らかく優しく、涼やかに、かつ温かく受けとめたい。おれがどうやって生きていきたいかだ。そこに善も悪もない。自分だけの人生。

 

 

自分の人生であるのは間違いない。でもだけとか言っちゃうとやっぱり寂しい。自分は自分で生きてたいけど、自分だけでは生きていけない。それは寂しすぎる。感情を共有する相手が欲しい。辛いときは辛い。嬉しいときは嬉しい。そんな風に素直に感情を吐露できる相手が欲しい。いつか出会えたらいいな。

 

 

でもそんな受け身で上から待ってる分には出会えない。そもそも出会うという表現が現状の否定から入ってる。もう出会ってるのかもしれないのに。それを自分が気づけてないだけかもしれない。自分が一人だと思ってしまえば、一人。一人じゃないと思えれば、その時には横に誰かがいる。そういう事なのかもしれない。自分の考え方ひとつ。でもそれだけでは嘘のような気もする。こんなこと書くのは簡単だ。それっぽくは聞こえる。でもそれっぽく聞こえるだけ聞こえて、何も響かない。錆び付いた言葉が世の中にはたくさん溢れてる。多分この言葉もそのひとつだ。この言葉が作り出す嘘は全然美しくない。

 

やっぱり美しい嘘に包み込まれながら生きていきたい。

 

 

 


f:id:yoheifootball:20180621122410j:image

退屈

最近何をしていても今ひとつ身が入らない。本気でそのものに没頭できない。

 

と、ここまで書いて気づいた。というか今、こうして文字を打ち込んでいるうちに気づいたが、(また『気づいた』って言ってしまっている…!語彙力を上げよう。)僕はいつも、ここまで書いて気づいた、とかこれは本当に書きたいことじゃないとか言っている。正直ダサい。というか面白くない。つまり飽きたのだ。この書き方、そして、この思考パターンに。

 

これはブログに限った話ではない。最近色々なことに飽きているような気がする。でも、多分全てに飽きてしまっているわけでもない。そういう感覚も自分の中にある。僕が飽きてきた事は暇だなーと思った時に自分が反射的に選択する行動パターンだ。そしてこの反射的行動は、僕の『頭』が選んでいる。心に従った答えではない。心が感じる不安や停滞感、閉塞感、そして、そう言ったものを打破するために心が起こそうとする革命を、頭が鎮圧しようとして、無難で特に面白くもない行動を僕に選ばせて、僕を欺こうとしている。これじゃダメなんだ。僕が本当に聞くべきは心の声であって、頭からの指令ではない。

 

頭はいつも先を見ようとする。堅実さを求めようとする。何かしたい、やめたい。こう思っても、『でもこれをしたら…』とか『やめたら…』とか考えてしまう。その後どうなるかは誰にもわからないのに。それなのにビビってしまう。自分基準ではなく、自分が作り出してしまった『常識』基準になってしまう。これでは面白い人生は歩めないし、美しいものは見られない。怖さを踏み越えた先に、清々しさはきっとある。その後には、透き通るような疾走感が体を覆い尽くしてくれる。

 

 

 

 

ここまで書いても違和感は消えない。電車がこないから、ブログを久しぶりに投稿しようと思ってキーボードを叩いているが、書けば書くほど違和感は増すばかりだ。結局これも頭が選んだ行動だからなのだろうか。何かの打算を求め、自分じゃない何者かになろうとしてしまっているからだろうか。ここに並んでいる言葉は自分の気持ちのはずなのに、全部偽りに思えてしまう。言葉は騙す。こばで騙す。言葉に騙される。こう言ったことはよくある。でも、本当に必要なのは、言葉を騙すことではないだろうか。うまく説明はできないけど、ふとそんな言葉が頭に浮かんだ。

 

 

読んでいただきありがとうございました!

 

 

 


f:id:yoheifootball:20180618213150j:image

一握りのスパイス


f:id:yoheifootball:20180605121443j:image

 

今日は休んだ。休んでずっと朝からダラダラしている。かなり非生産的だ。でもずっと何か意味のあることばかりするのは不可能だと思う。それじゃいつか疲れてしまうし、意味ばかり求めていてもおもしろくない。だからダラダラするのに疲れたとき、飽きたときに動き出せば良いのだと思う。何かやらないと、始めないと、と思って行動するのはしんどい。そういう気持ちに駆り出されて行動しても、あとに残るのは虚無感だけだ。焦燥に駆られて生きるよりも、もっと溢れ出すようなみずみずしい感情に従って生きていきたい。

 

 

とは言ってみたものの、なんかあんまし書いていて、実感が湧かない。というか腑に落ちない。それは恐らく、今僕が上に書いたことは、全部、甘えの気持ちで書いたからだ。

 

 

「ずっとそのままでいい。あなたはあなたのままでいい。」こういう言葉を良く聞く。これは間違いなく真理だと思う。思うが、でもこのことばを都合良く、安易に使いすぎているようにも感じる。そのままでいいや、と軽い気持ちで甘える毎日には、多分張り合いがない。自分のままでいたい、という気持ちは素晴らしいものだが、それだけでは満足できない。それと同時に、フレキシブルに変わっていくような刺激が欲しい。フレッシュさが必要だ。極端な話、ずっと同じままの自分だったら飽きてしまう。自分が自分に愛想を尽かしてしまう。だから、小さくても大きくてもいい、変化が必要なんだ。何か昨日はなかったものを見つけたい。1秒前はいなかった自分に出会いたい。そういった好奇心が生きる力になるのだと思う。

 

 

ただ無理に変える必要はない。無理に変えようとしたら、大切なものを失ってしまうかもしれない。そもそも無理に変えようとしても、多分変わらない。本当の変化は自分では気づかないもののような気がする。気づいてたらいつのまにか変わってる。その瞬間、無邪気な、ひたすらに純粋な、喜びがうまれる。

 

 

ずっと同じじゃない。変わっていく日々に胸踊らせながら、毎日を過ごしたい。

 

濁った言葉は自分までもを濁らせる

僕は学校に向いてないんじゃないか。この思いがずっと頭から離れない。でもまだ本質的な理由がどこにあるのかは今一つまだわからない。いや本当はわかってるのかもしれない。自分が見てみるふりをしているだけで、分からないことなんてない。そんな気がする。分からないと言って、何かを守ろう、隠そうとする。そういう風に最近、感じる。

 

 

もういいや、正直にいってしまおう。ありのままに回りくどいことは言わずに。

 

 

今日、テストが返ってきた。結果は散々だった。最初から良い点を期待していたわけではなかったが、ここまで悪いとは思っていなかった。29点。100点満点中だ。別に理解できてない訳ではないと思っていた。でも返ってきてみればこの様だ。さすがに理解できていたとは言いがたい。

 

 

と、ここまで書いてみて思ったが、これはおれの本当の声じゃない。これはなんか頭で考えてできた、今まで培われてきた邪険とか偏見とかが作り出した言葉だ。おれが本当にショックというか嫌だったことは、別に点数が悪かったことじゃない。本当に嫌だったのは、自分は頭が悪いと言われたような気がしたことだ。そして、自分でもそういう風に思ってしまったことだ。

 

 

僕は今まで、成績が良かったわけじゃない。というか悪かった。数字で表すと本当に悪かった。でもずっと別におれは頭が悪いわけじゃない。と思ってた。実際、勉強はして来なかった。だからできないと思ってた。やってないからできないだけだと。やればできるんだと。でもそうじゃないって本当は違うんだって思う。本当はできないからやりたくないんだ。そしてやりたくないからできないんだ。やりたくないとできないは表裏一体なんだ。逆に言えば、やりたいとできるも表裏一体だ。「好きこそ物の上手なれ」これは本当に真理だ。

 

 

なんかうまく書こう、書こうとするがあまりに本当のポイントからずれていっている。おれは本当の言葉を語りたい。ここでは嘘は綴りたくない。濁った言葉は自分までもを濁らせる。これ以上は今は書かない方がいい。だからとりあえず今は、ここまでにしておく。でも、また続きを書くかもしれない。まあとにかく今はここまで!

 

 

 

 

f:id:yoheifootball:20180602154414j:image

 

読んで頂きありがとうございました!

奏でたい音

月間100PV到達したとのことで、このブロクを読んでくださった方々に深くお礼申し上げます!やっぱり、多くの方に僕が思ってることを読んでいただけ、そして知っていただけるということはすごくうれしいです!!これからもぼちぼち書く気になったとき、書いていこうと思います笑

 

とはいったものの、ぼちぼちでもブログを書くってなかなか難しい。別に正解も間違いもないのになんか難しい。常日頃思ってることはたくさん思ってるはずなのに、それを形にするということはやってみると本当に難しい。合ってるようで合ってない、はまるようではまらない、そんな言葉が、浮かんでは消え、浮かんでは消え、そんな繰り返しに、どうしてもなってしまいます。でも、それでも書いていきたい。月並みな言い方になるけど、自分をもっと表現したい。根元にはそんな気持ちがあります。

 

少し自分の気持ちを吐露すると、僕は多分誰かに、たくさんの人に、認められたいんだと思います。承認欲求を満たしたい。それは自分自身に自信がないから。誰かから認めてもらわないと、自分の価値を確認できないから。僕は弱いから。だから誰かに見てほしい。たくさんの人に見てほしい、読んでほしい、このブログを。そのために僕は書いてます。言葉で自分の見えない部分、でも一番見てほしい部分を見てもらうために、言葉というツールを使って書いてます。美しい言葉を紡げたら、自分自身にも、その美しさが少し流れ込むような気がするから笑。

 

だからとにかくこれからも続けていこうと思います。毎度毎度まとまりのなく、何が言いたいのかもよく分からない文章ですみません!でもこれからも読んでいただけたらすごくうれしいです!!よろしくお願いしますm(__)m

 

 

 

 


f:id:yoheifootball:20180529153617j:image

 

 

 なんの写真もないとなんか寂しいのでこれから写真を貼っていこうと思います。特に記事との関連性はありません。